40代の味方コーデ!”とろみ・明るめ・ほっそり”で上品に

40代女性のファッションで気をつけるところは「大人の上品さ」だと思います。何もお高い上質な服を買う必要はないんです。

 

素材・色・デザイン・・・工夫をすれば大人の上品な着こなしができます。ポイントを見ていきましょう。

40代の味方コーデ!”とろみ・明るめ・ほっそり”で上品に

40代の味方!とろみ素材

とろみ素材っていうと一番ポピュラーなのはブラウスでしょうか。着心地も見た目も柔らかくてドレープ効果がとても優雅ですね。

 

素材としてはレーヨン・キュプラ・ポリエステルあたりになります。落ち感があるので体の線も拾いません。

 

しかも、しわになりづらくアイロンも必要なし!それでいて、エレガントな大人の女性にピッタリの上品感。

 

もう持ってるわ!という人もいると思いますが、少し光沢があるタイプや柄物を取り入れるなど見違えるのでお試しを。

40代の顔周りは明るめの色を選ぼう

無難で合わせやすい色として黒っぽいもの、地味な色のものをつい選んでいませんか?

 

40代のトップスは、なるべく明るめの色を選びましょう。

レフ板って知ってますか?写真撮影する時に真っ白な板で光を反射させるんです。そうすると、顔の影部分にも光が当たるようになり明るい印象になるんです。

 

レフ板を持って歩くわけにはいきませんが、トップスの色を明るくするだけなら簡単です!その分、ボトムで引き締める色を持ってくるようにすればコーディネートも楽ですね♪

40代ファッションのデザインはほっそり見せる

40代ファッションでスタイル良く見せるには、ざっくり言うとIラインとXラインが最適です。

 

Iラインのシルエットを作るのに一番手っ取り早いのはロングカーディガンです。

例えば、シンプルなトップスにボリュームが出ない長め丈パンツストレートラインの長めスカート。その上からロングカーディガンを羽織るだけで完成です。

 

ロングネックレスで縦のラインを強調するのもいいですね。

 

Xラインは、女性らしいメリハリを意識させます。トップスは必ずウエストにインしてください。

 

ボトムはパンツもスカートもボリュームが割とあるものをチョイス。ワイドパンツフレア・ギャザースカートですね。

 

ウエストマークがXラインのポイントなんですが、もちろんジャケットやカーディガンを羽織ってOKです。その場合は丈が長めのものは避けてください。せっかくのメリハリ感がなくなってしまいます・・・。

40代は、5年以上前の服は問答無用で捨てる!

これ、できるようでできない人もいるんじゃないかと・・・試しにクローゼットを覗いてみてください。

 

体型がすごく変わった人はともかくとして、大抵の人があえて「着られる服を捨てる」ことはせず置いてあるんじゃないかなー?

 

生きてる年数が長いとその年数分だけ何でもたまりますね。ちなみに私が似合わないなーと思ったワンピースは、3年前に買ったものでした・・・。

 

定番のものを選んでも実はデザインパターンは微妙に違って、流行があります。例えば、今は丈が短めのボトムは違和感がありますしシルエットもふんわりゆったりしたものが流行だったりします。

 

服として「着られなくなる」ことは、体型が変わる以外はあまりありませんがやっぱりお洋服の寿命はあるんです。賞味期限と考えるとわかりやすいかな。

 

全然まだ着られるんだけどなんかしっくりこない・・・最近買ったアイテムと合わせづらい・・・それはもう賞味期限切れです。

 

私は、新しい服を買ったらそれと互換できるアイテムがないか探します。そして、その中から一番古いものを手放すことにしています。

 

え?もったいないって?新しい服を買ったら「せっかく買ったんだからいっぱい着よう♪」って思いますよね。

そしたら、結局昔買った服は出番が無くなってしまいます。

 

「今まで大活躍してくれてありがとう!もう充分元は取ったわ」そんな気持ちで手放しましょう。大丈夫、手放した後に「やっぱり置いておけばよかった」なんてほとんどありませんから。

 

必要になったら、また旬のものが買えますしね!